これから神待ち女性と遊ぼうか考えている男性は、「家に泊めたら、どんな扱いをすればいいのか分からない…」と不安になっていませんか?たしかにワケありで家出してきた女性なら扱いも難しそうですが、現実はさほど難しくありません。

最近は「終電がなくなったし、ホテルを使うとお金がかかるし、神待ちでもしようかな!」という女性が多く、ガチのワケあり女性はさほどいないのです。また、一度でも彼女を作ったことがある男性の場合、そのときを思い出して接すればなんとかなります。

神待ち女性はあくまでも彼女ではありませんが、女性は『それなりに大事にされると気分がよくなってセックスも乗り気になる』のが普通でして、彼女とセックスしたいときも大事に扱いますよね?それと似たような感じで接すればOKです。

なお、こうした知識は風俗嬢相手でも役立つので、「デリヘルとか二人っきりで遊べるお店が好き!」という男性は、『女性と二人っきりになる場合、相手を彼女と思って接する』という意識を持ちましょう。

話は戻りますが、私もこの前神待ち女性を泊めましたが、相手を彼女だと思ってもてなすと、結構いい雰囲気でセックスができました。正確には彼女よりもやや距離間を気にしますが、その辺のさじ加減はすぐに掴めるでしょう。

相手は私よりも1つだけ下で、年齢差はあまり気になりません。ただ、相手は知らない男の家に泊まることもあってちょっと堅い雰囲気がありまして、まずはそれを和らげる必要があります。これは、付き合い始めたばかりの彼女にも共通するでしょう。

このときは食事をしながらの雑談がおすすめで、相手の好きそうなものを食べつつ話しかけていたら、結構仲良くなりやすいです。このときの私はパスタ専門のファミレスに行きましたが、相手も気に入ってくれたようで、すでに空気も軽くなっていました。

家に到着したら、より恋人らしく抱き寄せたり、ときどきエッチなお触りをしたり、本格的にセックスする前の雰囲気作りを開始します。いきなり誘うと彼女でも嫌がるように、女性は徐々に気分を盛り上げてくれる男が好きだから、じっくりと触り合ってください。

そして激しいキスができたら、そのまま服を脱がしましょう。脱がすときもじっくり、相手の恥じらいを楽しみつつ進めていくと、神待ち女性であっても恋人としている気分になり、相手からも積極的に触ってくれるでしょう。

こんな感じでセックスをすると夜通し盛り上がり、満足感のある時間を過ごせます。女性の扱いを上達させるついでに、泊めてみてはいかがでしょうか?