そんなに自慢できることではありませんが…私は性欲がすごく強かったのです。どれくらいから絶倫と呼べるのかは分かりませんが、昔は1日に10回以上オナニーしていたこともよくあったし、20代後半になった今でも1日6回は出すことができます。

もちろんセックスは大好きでしたが、ここまで性欲が強いとなかなか相手を見つけることができません。性欲の強い男はモテそうなイメージがあるかもしれませんが、すごすぎると女性側が逃げるようになってしまい、彼女を作っても性欲のせいで長続きしませんでした…。

そんな私にとって、神待ち掲示板というのは都合がいいと思います。この掲示板で知り合った女性とは大抵1回しか遊べませんが、私からすると「どうせ性欲が強いとすぐに相手も逃げるし、それなら最初から1回きりの相手と遊べばいいや」と思えたのです。

神待ち掲示板を使っている女性を家に誘うのは簡単ですので、相手探しに苦心することはありません。彼女を作ってセックスしようと思ったらかなりの時間がかかるものの、神待ちしている女性なら声をかけたその日にやれるでしょう。

この前も神待ち掲示板で見つけた女性とは、朝までやりまくりました。相手はここまで求められるとは思っていなかったようで、途中からは「勝手にしてていいから、もう寝ますね…」と眠ってしまい、その言葉通り眠る相手のアソコをたくさん使わせてもらいましたよ。

こういう掲示板を使うコツは、とにかく早く声をかけることだと思います。『泊めるだけでセックスをさせてくれる女性』というのは男にとって大変魅力的過ぎるため、タイミングによっては争奪戦みたいになってしまうから、いかに早く声をかけるかが重要です。

私は運良く争奪戦に巻き込まれず相手をゲットできて、スムーズにセックスができました。相手には性欲がすごく強いとは伝えておらず、「今日はたくさんしたいなぁ」みたいな感じで軽く言っておきました。まさに『嘘ではない』って感じですね。

3回目くらいまでは相手も予想内…だったのでしょうが、5回目となれば「まだできるんですか?」と言いだし、7回目には先ほども書いたように眠ってしまいました。この日は1週間ほどご無沙汰だったので、普段以上にたまってまして…。

翌朝、相手は眠そうな顔をして帰っていき、私はスッキリとした気持ちでそれを見送りました。性欲がすごいと処理も一苦労ですが、そういう男性には神待ち掲示板をオススメしたいところです。