つい先日のことなんですが、神待ち女子を探していたら、普通の女子たちとは違う印象の女性を見つけたんです。
いわゆるサバサバ系っぽい雰囲気を出していました。
あんまり緊急性を感じない内容の書き込みでした。
場違いな印象に興味を持ち、連絡してみました。
どうやらほかに連絡した男がいなかったらしく、すぐに返信が届きました。
その日のうちに会いたいとのことで、緊急性は高そうでした。
こちらもその日に泊める相手を探していたため、会うことにしました。

神待ちで知り合ったサバサバしたお姉さん系

時間どおりに待ち合わせ場所に着きましたが、すでに彼女は待っていました。
サバサバ系というか、バサバサ系のヘアスタイルに目を引かれました。
それを見ると、確かに泊まる場所に困ってそうでした。

話してみると、サバサバ系っぽいあっさりした話し方でした。
サバサバ系お姉さんは神待ちに抵抗がなさそうでしたが、やっぱり、なんでこんな人が掲示板にいるのかと疑問に思いました。
ただ、自分の場合、神待ち女子の事情を詮索しないことにしているから、この時は深く確かめませんでした。

もしかして、サバサバしているから、お金の使い方も考えずに使ってしまうのかな。
などと考えながら、自分がお腹が空いていたので、先に食事をすることにしました。

とんでもなくウブだった!?

レストランで食事をしながら話していると、だんだん違和感を「感じる」ようになりました。
サバサバ系っぽくない?
当初こそ、サバサバ系だと思ったんですが、自称サバサバ系でした。
表情も硬く、こちらにも彼女の緊張が伝わってきました。
内面は乙女で、単に異性との間に壁を作るタイプねんでしょう。
壁を乗り越えられた経験がなく、男に免疫がなさそうな印象を受けました。
たぶん、男が欲しいけど、リアルの出会いはないし、自分からも話しかけられない、普通の出会い系はハードルを高いと感じるタイプでしょう。
しかし、神待ちだったら会って食事するだけだから、何とかなるかと考えたのでしょう。

レストランを出るころにはサバサバ系の化けの皮が剥がれてしまい、すっかりこちらに身を任せてしまうようになりました。

いつの間にか恋人状態?

サバサバ系だったが、自称サバサバ系で、本当は依存気質でした。
食事の後に家に泊めてあげるとすっかりなつかれてしまいました。

その後も毎日のように連絡が来るようになり、毎週会うようになりました。
私生活の悩みの相談をされるようになりました。
サバサバ系を演じるのは止めたようです。
男に悩みを相談するようなのはサバサバ系ではありませんよね?

彼女とは、家に泊めることなく会うだけで、食事しておしゃべりをするだけのことも当たり前になりました。
他人から見ると、二人の関係は恋人に見えるでしょう。

一晩だけのつもりが長期的な関係になってしまいました。
恋人としか説明できない
サバサバ系を演じることで寂しさを紛らわしていたようですが、今では安心して僕に甘えることにしたようです。
もともと、女性に頼りにされるのが嬉しくて掲示板を見ていたので、心身ともに頼りにされているのは悪い気はしません。