男にとってゴムの在庫というのは、『セックスできる回数の目安』みたいなものですね。

中には「ゴムがないなら外出しでいいじゃん」と考える人もいますが、

先走り液でも妊娠の可能性はあるし、私はゴムがないときはセックスしません。

 

だから神待ちサイトをチェックするときは、先にゴムの有無を確認しています。

そこで十分な在庫があれば「よし、相手の子を探すぞ!」と意気込み、いろんな子に声をかけます。

「神待ちしている子って生でもさせてくれそう」と思うかもしれませんが、いくら泊めてもらう立場でも妊娠は嫌でしょう。

 

ただ、『ゴムを買い忘れたフリをして生で挿入する男』もいるせいか、最近は女性がゴムを持参することも増えました。

ゴムに関する知識は男性のほうが豊富なので、女性は適当に選んでいる…かと思ったら、『かなりいいゴムを持参した神待ち女性』もいましたね。

 

その女性はA(仮名)としますが、Aも昔付き合っていた彼氏に強引に生挿入を迫られ、

それ以来自分で持参するようになったみたいです。

「彼女が相手ならなにしてもOK」と勘違いする男もいますが、彼女や妻が相手でも強姦は成立しますからね。

 

というわけで、Aもゴムを持参するタイプの女性でした。

とくに神待ちするときは欠かさないらしく、

私と会ってくれたときも「私、ゴムを持ってますよ」とセックス前にアピールしてきたのです。

ちなみに私は常備していたので、それを伝えたのですが…。

 

Aは私が用意したゴムを見ると「多分私が持ってきたやつのほうがいいから、

こっちを使ってみませんか?」と聞いてきたのです。女性にしては珍しい主張でして、

私も「どんなゴムだろう?」と気になり、Aに分けてもらったのですが…。

 

そのゴムは、所謂『極薄型ゴム』でした。

普段の私は値段重視で厚めのやつを使っていたから、薄型は新鮮でしたね。

装着の方法は普通のゴムでしたが、その色合いは明らかに極薄って感じでして、「これ、途中で破れないかな…」と心配でした。

 

ただ、そんな心配も忘れるほど、このゴムは気持ちよかったですね。

これまで使ってきたゴムよりも高めですが、それだけあって快感度合いも異なり、

それこそ生に近い感触だと思います。まあ、生挿入したことがないので、若干の違いはあるかもですが…。

 

とにかくこれまでで一番良かったのは間違いなく、Aにもお礼を言いました。

すると「ちゃんと自分で用意してくれていたお礼です」と笑っており、やっぱり女の子には気遣いがいるなぁ…と思いましたね。

http://hap-bar.com/