男性は基本的に相談せず自分で解決しようとする人が多いですが、女性は相談することがとても多く、それこそ親しい相手だけでなく『出会い系やネット掲示板での相談』も珍しくないでしょう。こういう掲示板で相談を希望するのは、大抵が女性です。

ちなみに相談内容の多くは異性絡みでして、恋人や夫との不仲が多いですね。こういう話題は男性にとって苦手分野だから、「なんでわざわざここで相談するんだ…」と思うこともあるでしょう。ですが、相談に乗ってあげることで親しくなり、おいしい思いができるかもしれません。

実は私も『神待ちサイトを使っていた女性』の相談役になった結果、今では相談もできるセフレみたいな関係になりまして、会って相談する代わりにセックスも楽しんでいる感じです。こういう関係なら、男にとってはアリですよね?

神待ちしていた女性は若妻で

その神待ちサイトを使っていた女性はA(仮名)という名前で、既婚女性でした。既婚で神待ちのサイトを使うことから分かるように、夫とケンカして飛び出してきた女性でして、年齢はまだ20代でした。若妻を泊めるなんて、興奮するのが当たり前ですよね?

ただ、待ち合わせ場所で落ち合ったときのAはちょっと暗い感じで、やはりケンカしたことを気に病んでいました。ちなみにケンカの内容は『夫が自分に内緒で出会い系を使っていた』というもので、ほかの女性と会っているわけではないものの、かなり親しくしていたことに腹を立てたらしいです。

まあこれは夫が悪いと思いますが、飛び出すほどかどうかは難しいところ…ですが、私が夫の味方をしても利点はないですし、できるだけAを励ますようにしました。するとセックスするまでは相談ばかりでして、それっぽいことを言っていたら、すごく感謝されたのです。

そしてセフレに

神待ち女性の相談役になった代わりに


さらに、Aとはセックスの相性が良かったのか、私が突いていると気持ちいいところに当たるようで、「夫とするよりもいいかも…」と大喜びです。そして事後に「また会って相談に乗ってくれる?」と聞かれました。

相談だけなら面倒ですが、「もちろんセックスもしたいし!」と笑いながら言われたのでOKしました。神待ちしていた女性とこういう関係になるとは思いませんでしたが、Aはエロくて可愛いので、これからも会えるというのであれば文句はありません。

今も相談したくなったらAから連絡してきて、会ったら相談とセックスを満喫しています。相談役としては自信がないですが、セックスしているときのAは本当にうれしそうなので、この点に関してはお互いが満足していると思いますね。