神待ち少女がニュースに取り上げられる程、

現在話題にも上がるほどの社会現象にまでなってます。

ここで、私が調べた一人の少女の事について取り上げます。


 関東に住むA子(19歳)さんの事情…

家族3人暮らし(父、母、A子、)のごく一般的な家庭で何不自由ない暮らしだった。

家族の仲も良く笑顔も絶えない日々を送っていた。

ただA子が物心ついた時(小学生の高学年)、

母が不慮の事故でかえらぬ人へ…

父はお酒を飲むようになり、酔えばA子に暴力を振るっていった。

最初はA子も父がかわいそうと思い

我慢して耐え続け日々を過ごしていた。

次第に暴力も激しくなりA子の体には無数のあざが出来始める。

月日も過ぎ、A子も中学生になると体も少しずつ成長していくと

父からの性的な暴力が始まっていく。

高校生になり体も成熟していく頃父からの性暴力が激しくなり耐え切れず家を飛び出す。

飛び出したA子は最初は知人の家を転々としていたが、

お金も無くなり次第に住む場所もなくなっていく。

家に帰りたいけど帰れば父からの暴力で帰れず、

街を彷徨っているとA子と同い年くらいの少女が道端に座り込んでいたと言う。

A子は思い切って話しかけてみるとその少女はA子と同じ境遇の子だったらしい。

話をつづけていくと「神待ち掲示板」という事を教えてもらい

A子はわらをもすがる思いでその掲示板を利用した。

その時のA子の相手をした男性はただ女の子と話したいだけという理由で利用したとのこと。

食事や住まいなどを無償で提供してくれる男性にA子は深く感謝をしていると言う。

この話を聞いたとき「神待ち」という社会現象まで起き、良くない駄目だという話ですが、

一概に駄目というのはどうかと思います。

下心などもたない足長おじさんも世の中にはいるという事を知り、

また他に頼る術を持たない少女もいることを知ってもらいたい。