神待ちしている女性に扮して、サクラや業者などが掲示板に居たりします。何が目的でそういう悪徳業者が存在しているのか?ということとサクラや業者と会わない為の対策と対処法を今回は話していこうと思います。これから神待ち中の女性を募集しようと考えている人は直面するかもしれないことなので目を通しておいてくださいね!

サクラと業者の目的

この手の悪徳業者には共通した目的があります。それは、人を騙してのお金稼ぎです。ですが、手口が違います。ではそれぞれの手口についてみていきましょう。

それぞれの手口と対処法

神待ち掲示板でのサクラや業者の対策法

出会い系サイトを通して行っていることは同じなのですが、やっている手口と種類が根本的に違います。意外と知られていないので是非覚えて帰ってくださいね!手口が分かれば対処法も分かってくるはずです。手口と対処法を説明した後は、神待ち掲示板以外に悪徳業者はいるのか?などを説明していこうと思います。

サクラの手口

サクラは用意周到で面倒です。というのも、実際に人間が連絡を取っているのでAIのように不自然な文は送ってきません。チャットレディーと呼ばれるチャットをするだけの仕事やその運営会社が雇ったアルバイトの人がやり取りを代行します。なので基本的に会えません。チャットで男性が使ったポイントをもらって収入を得ています。

サクラの対処法

対処の仕方として、あやしいと思ったら連絡をやめることをオススメします。それか実際に待ち合わせ場所へ行ってみて一回で会えなかったらメッセージを取るのを止めて違う子にシフトするという方法が無難でしょう。本当にたちが悪いので、何か変わった質問を投げかけて困らせるのもいいかもしれません。

先日サクラと思われる人から連絡が来て「今〇〇にいるんだけど近いよね?」とメッセージが来ました。

そんなはずないと思った私は「あ、そこに今俺もいるよ?」と返信しました。そのメッセージへの返信は1日後くらいに来て、「ごめん連絡取れなかった~」というようなメッセージが来たのでサクラと確信することができましたね。例えサクラでないとしても、こういう女性は良いセフレではないです・・・

業者の手口

業者の主な手口は、「自分のサイトに誘導する」場合が多いです。出会い系サイトは2016年現在約4000サイトほど確認されています。なのでライバル社もその分多いわけです。人気があるサイトにはよく業者がいます。もちろんサクラのように人を雇って自分のサイトに誘導するのですが、手口がわかりやすいので対策するのは差ほど難しくはないでしょう。

業者の対処法

手口が分かりやすいというのは、誘導する時に絶対に自分のサイトのリンクをメッセージの中に入れてくるということです。

例えて言うなら、「ごめん!もうポイントなくなりそうだからこっちに連絡頂戴~♪(サイトのアドレス)」大体がこの手口で自分のサイトに引き抜こうとするので、こういうやり取りが始まった時は、同じく違う子にシフトチェンジすることをオススメします。

神待ち掲示板だけではない?

ネットの掲示板の中では、神待ち中の女性は人気なのでそこに目を付けて、サクラや業者も少なからずいます。そこで他の掲示板はどうなのか?ということが疑問に浮かびます。SMパートナーを募集している掲示板や、セフレを募集している掲示板がありますが、もちろんそういう類にもサクラや業者は存在しているのです。一概には言えませんが、神待ち掲示板だけではないようです!

ですが、この記事を見ていくれているということは神待ちに少なからず興味が在ってのことだと思うので、神待ち少女とよく会っている人のやり方を話していこうと思います。

神待ち中の少女のことを考える

サクラや業者のことは一旦置いといて、神待ちしている少女がどういったメッセージを送ってくるかを考えてみましょう。本当に神を待っている女性というのは、出会いを求めているというよりはご飯や寝泊まりの場所を求めています。必死にSOSしている人のプロフはみて分かると思います、掲示板投稿もその日の生活をかけたものなので。見る目を付けましょう。

まとめ

サクラや業者のことを考えてもその手の悪徳業者が減るわけではないので、神待ち少女のことを考えてみると少しは掲示板が使いやすくなりますし、会える回数も増えていくと思います。

実際に使ってみて見極める目と経験を身につけましょう!

手っ取り早く神待ち少女や家出少女に会いたい方はこちら→愛カツ~家出神待ち掲示板~