『若い頃はおっぱいばかり見ていたけど、年齢を重ねてから足ばかり見るようになった』…こんな男性、結構いますよね。若い頃は女性の上半身ばかり見ているものの、歳を取ると徐々に下半身への興味が変わり、足を見てムラッとするようになるでしょう。

もちろん、今でもおっぱいは好きですよ。ただ、30代後半になった私はすっかり足フェチという感じで、街中でミニスカートの女性がいたら、やっぱり足を見てしまいます。足を露出する女性って結構多いから、パンツが見えなくとも興奮させてくれますよね。

なお、足といっても興奮する部位は男性によって異なるように、私はとくに『太もも』が好きでした。太すぎるのはダメですが、『ソックスなどが少しだけ食い込んでいる状態』を見ると最高にエロく感じますし、「太ももに挟んでしごきたいなぁ」と妄想していたのです。

「太ももに挟むなら、もう挿入しちゃったほうがいいのでは?」と思うでしょうが、太ももには独自の良さがあります。セックスの経験が少ないとアソコにばかり憧れますが、何度か女性に挿入すると、「もっといろんな場所を使ってみたい!」と考えるようになるでしょう。

話は少し変わりますが、この前私が神待ち掲示板を使ったら、かなり魅力的な足を持つ子を誘うことができました。ちなみにこの子の服装は短めのスカートにニーソックスというスタイルでして、その見事な太ももが強調されていたのです。

この子の足はやや細目でして、ムチムチという感じではありません。ただ、ソックスが少し食い込む程度にはお肉もあり、足フェチとしては『絶妙な太さの美脚』と評価できます。美脚女性というのはやっぱり希少価値がありますので、テンションも上がりますね。

神待ち掲示板で誘ったということはセックスすることも確定しているし、お泊まりもする都合上、こちらのマニアックなお願いも聞いてくれやすい傾向があります。そこで、私は「1回目は太ももで出していい?」とストレートに聞き、相手もちょっとだけ驚いていました。

とはいえ、女性からすれば太ももを使わせるだけでいいので、それなりに楽ちんです。だから簡単に太ももに挟んでしごけたのですが、美脚で挟むとやっぱり気持ちよくて、予定よりも早く足にぶっかけてしまいました。

そのまま足に挟んでいたらすぐに復活したので、2回目はちゃんと入れます。足の細い女性はアソコも締まるといいますが、この子もしっかりと締まり、「神待ち掲示板で見つけた思えないほど、いい子だなぁ…」と痛感しました。